チーム紹介

チーム概要

白井中央ボーイズ(SHIROI CHUO BOYS BASEBALL TEAM)

【設 立】 結成 10周年 11年目

  • 2011年1月15日 白井中央ベースボールチーム結成
  • 2011年4月23日 日本少年野球連盟 千葉県支部に加盟

【所 属】

  • 公益財団法人日本少年野球連盟 千葉県支部

【 部 員 】

  • 中学1年生~3年生(小学年生は練習生として参加可)
  • 白井および周辺地域(練習に参加できれば地域問わず)
  • (地域)白井市、船橋市、鎌ヶ谷市、松戸市、柏市、印西市、八千代市、習志野市、流山市、野田市、千葉市稲毛区など
  • 在団生 66名(3年生 16名 2年生 20名 1年生 22名 練習生 8名)
  • 卒団生 115名

【練 習】

◇ 土日祝日 (8:00~18:00)
※グランド、天候、季節等の状況によって時間が変わります

◇ 夜間室内練習(自主参加)

  • 2班に分けての実施
  • 毎週水曜日 17:50~20:30
  • -KSG室内練習場-

◇ 夜間ナイター練習(自主参加)

  • 2年生 木曜日
  • 1年生 金曜日
  • 18:00~20:00
  • -TANREN道場-

【使用グランド】

  • メイングランド①
    太陽の丘グランド(印西市)
    →千葉県印西市萩原1425
  • メイングランド②
    KSG船橋グランド(船橋市)
    →船橋市鈴身町292
  • 白井周辺グランド(船橋市)
  • 船橋夏見グランド(船橋市)
  • 沼南周辺グランド(柏市)
  • 印西周辺グランド(印西市)
  • 松戸周辺グランド(松戸市)
  • TANREN(鍛練)道場(最寄駅:印旛日本医大前駅)

【活動についての発信】

活動については本ホームページ以外にSNSにて定期的に発信しています。ご覧ください

大会戦績

大会勝利数 96勝 本選6勝
タイトル 回数 年度
優勝🏆️ 4回 13.14.19.21
ウィルソンカップ、全国予選、若潮大会、Marines c代大会
準優勝🥈 7回 12.13.14.15
18.20.20
第3位🥉 3回 14.17.18
全国大会 1回 14
東日本選抜 3回 13.18.20
関東大会 2回 14.17
関東BL決勝トーナメント 1回 21

【 主な大会戦績】

年度 大会 結果
2012 若潮大会 準優勝🥈
2013 関東BL大会 BEST32
2013 ウィルソンCUP 優勝🥇
2013 秋季東日本予選 準優勝🥈
2013 東日本選抜大会 出場
2014 関東大会出場権 第3位🥉
2014 全国大会予選 優勝🥇
2014 全国大会 初戦敗退
2014 マリーンズCUP 準優勝🥈
2015 ウィルソンCUP 準優勝🥈
2016 ウィルソンCUP BEST4
2017 関東大会出場権 第3位🥉
2017 関東大会(本) BEST16
2017 若潮大会 BEST4
2018 秋季東日本予選 第3位🥉
2018 東日本選抜大会 BEST4
2018 春季全国予選 準優勝🥈
2019 全国大会予選 BEST4
2019 若潮大会 優勝🥇
2020 秋季東日本予選 準優勝🥈
2020 東日本選抜大会 BEST16
2020 春季全国予選 準優勝🥈
2021 全国大会予選 BEST4
2021 関東BL大会 ブロックV🥇
2021 マリーンズC代大会 優勝🥇
2021 関東BL大会 BEST4

21年 チームスローガン

 夢叶うまで努力
燃やせ白中魂
~輝き続ける10周年~

チーム基本方針

~子供達の体と心のバランス良い成長を実現させます!~

白井中央ボーイズは、ただ単に他チームと競い合ったり、勝負にこだわるのではなく、指導者、父兄が力を合わせ、選手の個々の能力を引き出すことを優先的に考え、野球を通じて『選手の健全なる育成』を目指します

指導方針

心・技・体のバランスのよい成長を目指します。

白井中央の3年間は36ヶ月みっちりと

3年間で目指すこと

白井中央では「高校で通用する選手の育成」を目指しています。一人ひとりが強い個になることが高校での活躍の近道となります。個が強くなければ勝ち続けることはできない。個の強化が強いチームにつながります。個の成長を3年間で目指します

※3年生は8月で公式戦が終了し、引退となりますが、活動は3月末まで継続で取り組みます。引退後の9月からが本番です

練習、および実戦の機会を提供し、36ヵ月目(3月末)すなわち、高校に入学するときが心技体のピークになることを目指しています

高校でのスタートダッシュがはかれる選手を送り出すことが私たちの願いです

 

高校で通用する選手になるために、強いカラダづくりを目指します

自主トレの強化(野球ノートの活用)

平日の過ごし方によって成長レベル(高さ)とスピード(時間)が違います。自主トレメニューの徹底によってカラダづくり、技術の向上を図っています

野球ノートを核として習慣を変えることを意識して取り組んできました。記述された内容を見れば、どのくらい理解しているかがわかるもの。日頃の徹底テーマについて「わかっている」ことが確認できます。「わかっている」のであれば、あとは本番で「できる」かです

したがって強化テーマは「できる」までやり続けること。実戦を意識して「できる」まで何度も、何度も!

「ノートが変わると行動が変わる」

白井中央ボーイズのこだわり(約束事)

できるまで妥協せず徹底します。できなければその場で正し、習慣化を目指します。当たり前のことを手を抜かず、やり続けること、大事なことです