チーム紹介

チーム概要

チーム名

 白井中央ボーイズ (SHIROI CHUO BOYS BASEBALL TEAM)

設立 

 2011年1月15日 白井中央ベースボールチーム結成、活動開始

 2011年4月23日 日本少年野球連盟 千葉県支部に加盟(千葉県15チーム目)

所属

 公益財団法人 日本少年野球連盟 千葉県支部(ボーイズリーグ)

 資格

・中学1年生~3年生(小学年生は練習生として入部可)

・高校入学までの期間(~3月)、練習に参加できます 

・白井市および周辺地域(練習に参加できれば地域を問いません)

部員数

  53名(2017.10月現在)3年生18名 2年生19名 1年生16名 

 卒団生 2011年 10名 2012年 2名 2013年 5名 2014年16名 2015年15名 2016年11名

 卒団生進学先

関東第一、東海大望洋、安田学園、東京学館船橋、昭和学院、米子北、市立船橋、八千代松陰、中央学院、二松学舎付属、二松学舎付属柏、千葉明徳、東洋大牛久、早稲田大学高等学院、佼成学園、日大一、江戸川取手、千葉英和、日大習志野、翔凛、佐倉、八千代、沼南、船橋東、市立稲毛、市川南、白井、船橋北、柏南、東葉、松戸馬橋他。

主な戦績

 2011年07月 公式戦初出場 千葉日報旗・ウィルソンカップ争奪千葉大会

 2012年10月 若潮大会(1年生大会) 準優勝

 2013年04月 関東ボーイズリーグ大会 ベスト32(4回戦) ※公式戦初勝利

 2013年07月 千葉日報旗・ウィルソンカップ争奪千葉大会 優勝

 2013年09月 千葉県秋季大会 準優勝 東日本選抜大会出場 10月 初戦敗退

 2014年05月 関東大会千葉予選 代表権獲得(3枠目)

 2014年06月 全国選手権大会千葉予選 優勝 全国大会千葉県代表

 2014年06月 ジャイアンツカップ 東日本ブロック予選大会出場

 2014年08月 全国選手権大会(大阪) 1回戦敗退

 2014年08月 千葉ロッテマリーンズカップ2014 準優勝

 2014年09月 東日本報知オールスター戦 決勝トーナメント ベスト4

 2014年11月 春季全国大会千葉予選 ベスト4

 2015年06月 全国選手権大会千葉予選 ベスト4

 2015年07月 千葉日報旗・ウィルソンカップ争奪千葉大会 優勝

 2016年05月  ヤングリーグ関東大会 ベスト8

 2016年07月 千葉日報旗・ウィルソンカップ争奪千葉大会 ベスト4

 2017年05月 関東大会千葉予選 代表

2017年08月 関東大会 ベスト16

 練習日

時間

・土日祝日 8:00~18:00 (シーズンオフは17:30まで)

 ※ただしグランドによって時間は異なります

・平日練習① 毎週水・木曜日 19:00~20:30 KSG船橋グランド室内練習場

 ※平日練習は自由参加です 水曜日1年生、木曜日が2年生

・平日練習②(自主練)特打ち 月・火曜日他  18:30~20:00

   振る力をつけるために参加可能な選手のトレーニングの場(指導者参加)

   TANREN道場にて打ち込み(マシン、ティ他)

 主な練習場所

【メイン使用グランド】

 ・KSG船橋グランド

  → 所在地: 船橋市鈴身町292

  → 地 図: http://nerima-chuo.main.jp/ksggurando.html  

 ・白井、船橋、佐倉周辺の硬式野球グランド

 ・太陽の丘グランド

    ・船橋夏見グランド

【サブグランド】

  ・TANREN(鍛練)道場→所在地:印旛日本医大前

※サブグランド(TANREN道場)では振る力をつける、ボールを正しい形で捕る、投げるなどの基本動作を反復練習で習得することを狙いとした道場です。何度でもできるまで鍛練、そんな思いの入った練習場所として選手たちの基盤づくりに貢献します。また、照明を設置しているため、夜間練習も行えます

主な練習メニュー → マシンによる打撃練習(2ケ所)、6ケ所ティ 、5m手投げスローバッティング2ヶ所。守備練習(内野)、ブルペン2ケ所。そしてメンタルトレーニング、戦術ミーティングなど、座学で強化すべきことが可能なミーティングスペースがあります

DSC_2304

DSC_2152

DSC_2316

DSC_2453 

 応援関連

 img1

 1期生から贈られた横断幕

13-1.03.03-88 2期生から贈られたのぼり旗

IMG_20150916_200046

  4期生から贈られた横断幕

 

チーム基本方針

~子供達の体と心のバランス良い成長を実現させます!~

白井中央ボーイズは、ただ単に他チームと競い合ったり、勝負にこだわるのではなく、指導者、父兄が力を合わせ、選手の個々の能力を引き出すことを優先的に考え、野球を通じて『選手の健全なる育成』を目指します。

 

指導方針

心・技・体のバランスのよい成長を目指します。

img999

基本的な考え方(スタンス)

img996

img994