5/30 最終回に悪夢が💧

まさかのサヨナラ負け

5月30日 選手権大会予選準決勝は京葉ボーイズ戦。11期生は公式戦4度目の対戦。過去3度決勝戦で激突し1勝2敗。昨秋の決勝戦で敗れてから、今日の日の決戦に向けて覚悟を持った練習を課して、準備を重ねてきました

初回から得点を重ね、3回には4番武田のレフトスタンドに入れる本塁打が飛び出るなど、終始、有利なゲーム展開。5点のリードでむかえた最終回。勝利まであと一歩。1死から、悪夢が!

ここまで追い詰めながらうっちゃられるとは、、、ミスが絡んだこともあるが、さすが春の王者です。最後まで諦めない。やはり、底力があります。まだまだ、学ぶことがたくさん。この敗戦という現実を受け入れ、次のステップに向けて、さらなる変貌を遂げるのみです。このような経験があったからこそ、大きく成長できた、と言えますように!

1 2 3 4 5 6 7
白井中央 1 2 1 1 0 0 1 6
京葉 0 0 0 0 1 0 7
  • 瀬川(6回1/3)武田(1/3)-飯島
  • 本塁打:武田(チーム48号)
  • 三塁打:生野
  • 二塁打:蛯原
  • 安打数:白井 9 京葉8

完璧😃✌️な当たり

4番武田のひと振り。完璧にとらえた打球はレフトスタンドに一直線。チームを勢いづける第3号本塁打(チーム通算48号)

3位決定戦

ジャイアンカップ千葉予選の出場権をかけた3位決定戦。準決勝の大逆転負けから、気持ちを入れ替えて臨んだつもりだが、一度、切れたスイッチを入れるのは難しく、チグハグな戦いで出場権利を逃す

1 2 3 4 5 6 7
八千代 0 2 0 1 3 1 0 7
白井中央 0 0 0 0 2 3 × 5
  • 武田(4)片平(2/3)勇(2回1/3)-飯島
  • 三塁打:生野
  • 安打数:八千代7 白井6